フラワーアレンジメント教室 東京都北区 - フラワーアレンジメント教室アトリエ玲花のブログ

アトリエ 玲花
フランススタイルのフラワーアレンジメント教室
みなさん、こんにちは。
ついに梅雨に入りましたね。
洗濯好きな私には、なんとも不快な季節です。

そこで6月のレッスンは「ハーブを使用した初夏のリース」を作ってみました。

初夏のリース

花材はオレガノをベースにアフリカンブルーバジルとナデシコの花。
ところが問屋さんから届いた花材を水揚げしたら、肝心のオレガノが60%以上枯れていました。(グスン)
大量に購入したからなんとか足りましたが、今、問屋さんに返金を交渉中です。

玄関でもお部屋の中でも、ハーブの良い香りがします。
みなさんもぜひ遊びに来てくださいね。


みなさん、こんにちは。
新緑の季節なのに、どこにも行けなくて残念ですね。

そんな5月のレッスンはカゴ(パニエ)アレンジを作りました。
もちろん、生徒さんとマンツウマンです。

スズラン

5月の窓辺に飾って頂きたいアレンジで、花材はスズラン、SPバラ、アスターです。
今回葉物はスズランの葉を利用しました。

スズランは4月末から5月上旬までしか出回らないので、レッスンでも使えずにいました。
みなさんご存知のように、スズランは根と花に毒性があります。
アレンジの後はしっかり手洗いをしなければなりません。

フランスでは5月1日「ミュゲの日」に大切な人にスズランを贈る習慣があります。
この日だけは、誰でもスズランを売っても良い日とされており、町中がスズランで溢れます。
それは贈った人も贈られた人も幸せになるとの言い伝えがあるからです。


みなさん、こんにちは。
みなさんそれぞれStayHomeを楽しんでいますか?
もともとインドア派の私は、家にいても苦は感じないので、昔の映画を観たり
これまで積読だった本をひっぱり出して読んでいます。

私は現在アルバイトを週4日西新宿でやっています。
前職では新型インフルエンザ対策プロジェクトを経験させて頂いて、感染症が世の中に与える
リスクや経済に及ぼす影響、社員の自宅待機の期間などを想定したつもりでしたが、
世界一乗降客が多いといわれる新宿駅が閑散としているのを目の当たりにすると、
さすがに悲壮感が漂ってきます。
もちろん、歩きやすいし、他人ともぶつからないので、いつもこうだといいな、とも
思ったりしますが、デパートの照明がないと西口周辺は真っ暗なのでさすがに寂しさを感じます。

新宿西口

新宿2

そんな状況でも、今年もマンションにはきれいなつつじが満開になりました。
でも今年は「つつじを愛でる会」などのイベントは当然自粛。
また来年、笑顔で会いましょう、とツツジが励ましてくれているような気がします。


サンクン

サンクン2

サンクン3

このページの先頭に戻る